環境・CSRニュース

国際石油帝石、シェルから洋上LNG事業権益17.5%取得 RSS

2012年03月16日

西オーストラリア州ブルーム市の北北東約475キロ沖合で開発中の「Prelude(プレリュード)」FLNGプロジェクトの浮体式洋上天然ガス液化プラント (イメージ)(c)ecool.jp/Shell

国際石油開発帝石は16日、英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルがオーストラリア北西部の沖合で進める液化天然ガス(LNG)プロジェクトの権益17.5%を取得すると発表した。権益の取得額は非公表。洋上でLNGを生産・液化・出荷する世界初のプロジェクトで、年間360万トンのLNGのほか40万トンのLPG(液化石油ガス)などを生産する。

西オーストラリア州ブルーム市の北北東約475キロ沖合で開発中の浮体式LNGプロジェクト「Prelude(プレリュード)」の権益17.5%を取得する。現在開発作業中で、2017年からの生産開始を目指している。国際石油帝石がLNG事業に参画するのは今回を含め6件目。


PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ