環境・CSRニュース

住友商事、インドネシアで大規模地熱発電に参入 RSS

2012年03月02日

インドネシア中部ジャワ州バンジャルヌガラ(Banjarnegara)に位置する出力60メガワットのディエン(Dieng)地熱発電所(c)ecool.jp/Central Java

住友商事は2日、インドネシアで合計出力440メガワットの地熱発電プロジェクトに参画すると発表した。総事業費は約1200億円。仏エネルギー大手GDFスエズなどとスマトラ島2カ所に世界最大級の地熱発電所を建設する。運転開始予定は2016年。

GDFスエズ、インドネシアのエネルギー大手スプリーム・エナジーと共同で、スマトラ島中部ムアララボ、南部ラジャバサの2鉱区に各220メガワットの地熱発電所を建設する。住商は、鉱区の地質調査から参画し、発電所の建設、運営保守までを一貫して手掛ける。

発電した電力は、インドネシアの国営電力会社PT.PLNに30年間にわたり売電され、約600万人分の電力需要が賄われる計画だ。



PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ