環境・CSRニュース

東芝など、風力・太陽熱などによるバイナリー発電の開発に着手 RSS

2012年09月11日

東芝と神戸製鋼所、慶応大は11日、再生可能エネルギーの風力、太陽熱、バイオマスを組み合わせ、低温熱を電力に変換する「バイナリー発電」の開発に着手すると発表した。エネルギー源を併用することで、自然条件の変化にかかわらず、電力と温水を安定供給できるシステムの開発を目指す。

今回開発するシステムは、環境省が公募した「地球温暖化対策技術開発・実証研究事業」の一環で、総工費は約6億8000万円。東芝は太陽熱集熱装置の開発ほか、開発の全体の取りまとめを担当する。神戸製鋼はバイナリー発電システムの開発などを行う。慶大は東芝と共同で、風力発電の出力を平準化する制御技術の開発を行う。

サイトの建設地は、兵庫県南あわじ市。今年度は土地の整地などを行い、2013年度春から順次システムを据付稼働し、2014年度末までに実証試験を開始する計画だ。



PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ