環境・CSRニュース

三菱重工、ノルウェーで世界最大のCO2回収装置 概念設計を受注 RSS

2012年10月17日

世界最大級のCO2回収プラントの建設予定地であるノルウェー西海岸のモングスタッド製油施設(2012年8月15日撮影)。(c)ecool.jp/Frank Mohn Oil & Gas

三菱重工業は17日、ノルウェーの石油大手スタトイルから世界最大級の二酸化炭素(CO2)回収装置に関する技術評価プログラムの概念設計を受注したと発表した。同国南西海岸モングスタッドに立地する出力約28万キロワットの天然ガス焚き複合火力発電所に設置が計画されているもので、回収能力は日量3400トン。三菱重工は2016年のプラント建設開始に向け、他の候補企業と回収技術や性能、建設・運営コストを競い、本工事の受注を目指している。

今回のプロジェクトは、スタトイルが所有するモングスタッドの製油所で2010年から稼働している複合火力発電所の排ガスから、CO2を分離・回収・圧縮する計画で、発電所に併設するCO2回収プラントの概念設計を行う。参加企業の中から技術選定に選ばれた数社が基本設計に移行し、その中から本工事の受注企業が決まる予定。



PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ