環境・CSR担当者訪問  

株式会社日本航空

世界全体の二酸化炭素(CO2)排出量のうち、約2%を航空業界が排出していると言う。日本を代表する航空会社「JAL」はこの比率を大きいと捉え、さまざまな環境活動に積極的に取り組んできた。そこには、CO2を多く排出する事業という事実がある一方、航空業界のJALだからこそできる取り組みがあった。JALが取り組む環境活動、そしてCSRとは?経営企画室マネジャー菊地 保宏さんに話を聞いた。

    

記事:清宮 撮影:高田

株式会社日本航空 かぶしきがいしゃ にほんこうくう  URL:http://www.jal.com/ja
特色 JALグループは、CSR報告書(CSR=Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)を通じて、安全や環境問題に対する姿勢、サービス向上へ向けた考え方、社員に対する取り組みなどをわかりやすく報告。2008年度版は、「安全」「環境」「お客さま」「人財」のそれぞれのテーマごとにハイライトすべき内容をストーリー仕立てに記載。
所在地 東京都品川区東品川二丁目4番11号 JALビル
設立 2002年10月2日
業種 空運業
資本金 2,510億円
売上高 連結:2兆2,304億1,600万円
代表者 西松 遙(代表取締役社長)
従業員数 連結:51,631人

JALだからできた、3つの取り組み
CO2を削減する、3つの柱

―現在の環境への取り組みを教えてください

JALだからこそできる取り組みは大きく3つあります。1つは航空機による大気観測です。温暖化をもたらす大気変動メカニズムの解明に協力するため、高度1万メートルの大気を採取し、研究機関に提供しています。2つ目は、森林火災発見情報の報告です。近年シベリアなど北方森林での大規模な火災が問題になっています。JALは、シベリアやアラスカなど森林地帯上空を飛行中に見つけた火災をJAXA(宇宙航空研究開発機構)に報告することで、彼らが持つ衛星検知システムの精度向上に貢献しています。植林活動を実施する企業は多いですが、現在ある木をいかに保全するかということも非常に大切だと考えています。そして3つ目が小学生を対象に実施する「そらいく」という環境教育講座。長いキャリアを持つパイロットが実際に目にした地球環境の変化は、非常にリアリティがあり説得力があるようで、子供たちからも好評のようです。

―CO2排出量を減らす取り組みは?

CO2を排出しているという責任を認識し、ハード・ソフト・ヒューマンの3つの側面で可能な限りその量を少なくする努力をしています。ハード面では、新型航空機への更新や無塗装機の運航が挙げられます。機体に色を塗らないだけで150kg(ジャンボ機の場合)もの軽量化となり、その分燃費効率を上昇させます。無塗装機の取り組みを行うのは、日本ではJALのみです。ソフト面では機内食の食器、機内食を搭載するカート、貨物のコンテナをそれぞれ素材から変え軽量化。このような地道な取り組みが大きな成果を挙げると信じています。最後にヒューマン。これにはパイロットが操縦を工夫することなど、私たち社員による様々な取り組みがあります。たとえば着陸後、旅客機を停止する時に使う逆噴射は燃料に負荷をかけるため、アイドルリバース(自動車でいうニュートラル)で停止する。パイロット達が自ら「チーム・マイナス6%」を結成し、安全に支障のない範囲で操縦を工夫しています。

―CSR活動の組織体制を教えてください

 2004年4月に社長を委員長としてCSR委員会が設置されました。各分野の担当役員が委員を務め、経営企画室が事務局を務めています。しかし、CSR専属の部署や担当者はおりません。私自身も経営企画室に所属し、経営計画の策定業務にも参画します。これは、CSRはどこか特定の部署だけが行うものではなく、全社員で推進すべき活動であるという考えに基づいています。

CSRは全社員が取り組むものその風土作りが何より大切

―CSR活動を全社員で推進するために大切なことは?

 社員それぞれが主導となり、現場がアクティブな会社は自ずと安全や環境に対しても前向きに動きます。例えば環境活動についての啓発は地球環境部、コンプライアンスについては業務監理部......など、主担当部門が推進するとそのことが全社に水平展開され、各職場が積極的に取り組んでいく、そして結果的にわが社全体のCSRが推進されている。そのような企業風土をいかに醸成するかがとても大切であり、それがCSR委員会の役割でもあります。

―CSR担当としての主な仕事内容を教えてください

 緑の尾翼がシンボルのJALエコジェット機は、パイロットの発案で実現したものであり、取り組みの成果といえる象徴的な存在でしょう。JALエコジェット機は、広く社会へ地球環境の大切さを呼びかけるため、また私たち自身も地球環境への取り組みを再認識するため誕生しました。提案が社員から自発的になされ、そして実現できたこと。それは社員全体の意識が高くなったことを物語っています。また、2005年から作成しているCSR報告書は初年1万6千部、昨年2万3千部、今年は2万5千部と着実に読者を増やしています。

パイロットの発案で、JALエコジェット機が誕生

―現在までの取り組みの成果は?

 この2ヶ月間は、主にCSR報告書の作成に取り組んできました。一部の執筆をジャーナリストに依頼し、第3者の視点を交えることで、より客観性・信頼性のある報告書作りを意識しました。大学生に向けCSRの話をすることもあります。昨年と今年は琉球大学のCSR公開講座で90分の授業をおこないましたし、最近はCSRに関して教えて欲しいと来社される大学生が増えてきました。また「コミュニケーションリーダーミーティング(CLM)」という取り組みの事務局も重要な業務です。これは社員みずから企業風土改革を推進するために全国の職場から部門を越えてコミュニケーションを図る取り組みです。

―今後の抱負は?

 前述した企業風土改革を更に推進し、少しでも現場がアクティブな会社作りに貢献したいと思います。その小さな取り組み1つ1つが、やがて地球や社会への貢献につながると考えています。

―ありがとうございました。

菊地 保宏
菊地 保宏:CSRは一部の部署がやるものではない 全社員で取り組むべき活動です

菊地 保宏(きくち やすひろ)

株式会社日本航空 経営企画室 企画推進・CSR担当マネージャー

1990年入社。ロンドン支店にて人事・総務などを約3年間経験した後、2004年10月帰国。経営企画室 経営戦略・CSR担当に。ベランダでミントやレモングラスのハーブを育てながら、自宅でもエコ活動を推進中

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ