ecoolプレスリリース

企業名 三井物産株式会社
業種 商社 発表日 2010/08/10
会社データへ  企業HPへ

三井物産、エジプト重油精製事業会社と融資契約を調印 RSS

エジプト・アラブ共和国で重油精製事業会社と融資契約を調印

三井物産株式会社(本社:千代田区大手町、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、エジプティアン・リファイニング・カンパニー(Egyptian Refining Company(Takrir)S.A.E. 以下「ERC」)と、2010年8月9日に融資契約を締結しました。融資金額は200百万米ドルで、独立行政法人日本貿易保険による海外事業資金貸付保険の付保を予定しています。

ERCはエジプト国首都カイロ郊外のモストロッド市で、エジプト国内の既存製油所より生産される残渣重油を原料に、ディーゼルや軽油など国内向け白油製品を生産する重油精製事業(以下「本事業」)を推進しています。総事業費約3,727百米ドルは、株主からの出資及び三井物産からの融資に加え、国際協力銀行、韓国輸出入銀行、欧州投資銀行、アフリカ開発銀行などから資金調達を行う予定です。

三井物産は韓国のGS建設とともに、2007年8月にERCより本事業のプラント設備建設を一括請負方式で受注しており、2015年7月末のプラント設備完工を目指し、事業の円滑な立上げに協力しています。

エジプト国では堅調な経済成長に伴い国内ディーゼル需要が急増し、国外からの石油製品輸入が年々増加傾向にあります。三井物産は本事業を通じ、同国の燃料の自立供給体制の確立、大気中に放出されている硫黄分回収による大気環境の改善、及び数千人規模の新規雇用創出に貢献していきます。

三井物産は、エネルギー・基礎産業プロジェクトを重点事業領域と位置付けており、本事業への参画を足掛かりに、今後エジプト国及び中東地域で計画される基幹インフラプロジェクトにも積極的に取組み、同地域の産業発展への寄与を目指します。

e_0810_001_s.jpg

PR情報

Google Scholar

商社関連するプレスリリース

業種別プレスリリース

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ