ecoolプレスリリース

企業名 日産自動車株式会社
業種 自動車・自動車部品 発表日 2011/12/08
会社データへ  企業HPへ

日産、中国・広州市政府に電気自動車「日産リーフ」を納車  RSS



日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)と、同社の中国における合弁会社である東風汽車有限公司(本社:湖北省武漢市、総裁:中村公泰)は、12月8日、広州市人民政府に対し、15台の100%電気自動車「日産リーフ」を納車しました。

これは、2009年11月22日に広州市政府、日産自動車、東風汽車有限の3者により締結されたゼロ・エミッションモビリティの推進に向けたパートナーシップ契約に基づくもので、本日、東風汽車有限の乗用車事業部である東風日産乗用車公司(本社:広東省広州市、総経理:松元史明、以下東風日産)に近接する花都新体育館にて、広州市政府への贈呈セレモニーが行われました。

東風日産の松元史明総経理は、セレモニーの場で、「本日、広州市政府に対し、15台の『日産リーフ』を納車できたことを大変嬉しく思います。私たちは、これから広州市政府の皆さまと共同で実施するパイロットプログラムを通じて、中国における省エネルギー・環境保護の取り組みに積極的に貢献していきたいと考えています。」と述べました。

今後は、東風日産を窓口として、広州市花都区を中心に展開されるパイロットプログラムをサポートしていくとともに、中国市場における本格的な電気自動車普及に向けて、広州市政府と様々な共同作業を進めていく計画です。

広州市におけるパイロットプログラムの概要

・東風日産と広州市政府は、「日産リーフ」による走行実験を通じて、中国市場における電気自動車の使用方法、最適な充電インフラのあり方等、基礎データを収集します。

・ユーザーの電気自動車使用時の状況を研究し、今後の中国のお客さまのニーズに合った車両の開発に役立てます。



今回の「日産リーフ」の納車にあわせ、日産自動車から2基の急速充電器が進呈されました。また、広州市政府により、既に15基の普通充電器が市街地を中心に設置されています。「日産リーフ」は、パイロットプログラムを通じて、これらの充電設備を利用しながら様々な走行実験に供される予定です。

日産自動車は、低炭素化社会の早期実現を目指し、アライアンスパートナーであるルノーとともに、100件を超える世界各国の政府や自治体、企業とのゼロ・エミッションモビリティに関するパートナーシップを締結しています。11月17日に発表した武漢市でのパイロットプログラム開始とあわせ、今回の広州市におけるパイロットプログラムの進展は、中国における電気自動車の本格的普及に向けた基盤づくりのための大きなステップになるものと期待しています。

なお、東風日産は、同社の自主ブランドである「ヴェヌーシア」の電気自動車を、2015年までに中国にて生産・販売する計画を表明しています。



PR情報

Google Scholar

自動車・自動車部品関連するプレスリリース

業種別プレスリリース

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ