環境・CSR一問一答

食の問題

ソーシャルブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをdel.icio.usに登録 この記事をクリップ! Buzzurlにブックマーク

質問:

「食の安全」が揺らいでいるという話。まだ食べられる食品まで廃棄するのは「もったいない」という話。どちらも切実な問題だと思いますが、この二つはそもそも両立するのでしょうか。大きく見れば、環境問題にもつながっている話だと思うのですが。

答え:

結論から言えば、両立できます。

ecool-090731-18.jpgまだ食べられる食品を廃棄するのは、確かに「もったいない」ことですが、例えば期限表示を偽ることは「食の安全」が揺らぐ問題です。

しかしながら、製造者の側が消費期限や賞味期限を正確に表示し、同時に、現実を考え計画的に生産して、作り過ぎを無くすように努力すれば、「食の安全」と「もったいない」は両立が可能なはずです。

また消費者の側でも、余計に買い過ぎることがないように気をつけることが大切です。さらに、開封済みのものや期限間近の食品がまだ食べられるかどうか、「味・匂い・見た目」といった人間の五感で判断する力を養って、自らの「食の安全」を守りつつ、「もったいない」食べ物の無駄を無くすようにすることも大事でしょう。

現在、我々は様々な問題(環境問題や金融不安など)に直面し、先々のことが不安に感じることも多いでしょう。ですが、このような時期だからこそ、一つ一つの問題についてよく考え、賢く生きることが必要なのではないでしょうか。

食の問題に関連する一問一答

一問一答カテゴリ

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ