環境・CSR一問一答

環境問題

ソーシャルブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをdel.icio.usに登録 この記事をクリップ! Buzzurlにブックマーク

質問:

花粉症の原因の一つに環境問題があるというのは、本当でしょうか。

答え:

そういった指摘や報告がなされているのは事実です。大気汚染や森林管理の問題などを例に、以下に解説いたします。

・大気汚染

例えば、トラックなどから大気中に排出されるディーゼル排気ガスを考えると、排気ガスに含まれる微粒子(DEP)がスギに対する抗体の産生を増加させる(アジュバント作用)ことがあり、スギ花粉に対して徐々に人体が過敏になっていくことが近年の報告で多く指摘されています。

また、大気汚染物質、二酸化窒素(NO2)などに関しても、ディーゼル排気ガスと同じような作用があるとの報告があり、その他、タバコの煙りや換気の悪い部屋などの室内大気汚染も花粉症の悪化に関係するという指摘もあります。

しかし一方では、花粉症と大気汚染との関係を否定する研究調査結果も出ており、大気汚染が花粉症につながることについては未だ不明な点もあります。

・森林管理

戦後の経済復興の中で、林業が盛んになった1960年代、スギ植林も盛んに行われ、人工林も増えていきました。

しかし、その後の経済成長に伴う国内需要に国産材の供給がついていけず、バブル期の円高から海外の安価な木材が輸入されるようになりました。その上、賃金の高騰や労働力流出などが重なり、林業は衰退し、人工林も枝打ちや間伐などの手入れがされないところが多くなりました。

この手入れがされなくなった人工林のスギの多くは樹齢30〜40年で、通常スギ花粉は、樹齢30年以上のスギから生産されると言われています。

花粉飛散の適齢期に達したスギ林が、手入れ放棄されて荒廃したことで、よりいっそう盛んに花粉を飛ばすようになったのです。

ちなみに現在、日本の国土面積の約7割(2,515万[ha])が森林ですが、そのうちの約半分(1,036万[ha])は人工林が占めています。

環境問題に関連する一問一答

一問一答カテゴリ

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ