社会貢献活動に積極的な企業のご紹介|デナジー株式会社
デナジー株式会社のロゴ
地熱資源の有効利用を推進するデナジー
会社名 デナジー株式会社
事業内容 地熱、小水力等再生可能エネルギー発電の受託開発、及びコンサルティング業務
設立 平成25(2013)年8月
代表者 代表 中野 大吾
住所 〒141-0021 東京都品川区上大崎4-5-37 山京目黒ビル
社員数
サイト http://www.denergy.jp/
株式公開 未公開

INTERVIEW:インタビュー

Q1.御社が取り組んでいる社会貢献活動を教えてください。

A.デナジーでは小規模地熱発電を中心とした再生可能エネルギーの導入を進めています。
 これまで導入が進められてきた太陽光や風力に加え、地熱という電力源を整備することで、
 再生可能エネルギー全体の出力安定や、地域が選択できる電力源オプションの拡充につなげることができます。
 さらに地域経済にも貢献できるため、デナジーでは地熱発電事業プランの策定から地域住民の方々との調整など、
 幅広く業務を担っています。

Q2.社会貢献活動を取り組むにあたり、何が一番大変と感じますか?

A.地熱発電の導入には手間がかかります。
 太陽光発電や風力発電と異なり、地熱資源を確認するためには現場での調査が不可欠です。
 そのため施設だけでなく、調査に対しても綿密な計画を策定しなくてはなりません。
 大変な過程を伴う作業ですが、プランニングはデナジーの得意分野でもあるため、
 日々成果物の質の向上に取り組んでいます。

Q3.今後の抱負を教えて下さい。

A.現在再生可能エネルギー、とりわけ地熱発電に対する注目が高まりつつあります。
 このような地熱発電に対する大きなニーズを背景に、デナジーは小規模地熱発電にフォーカスし、
 全国に施設の導入を進めてまいります。
 また、地熱発電事業と施設周辺地域への貢献とをリンクさせ、
 「エネルギーサービスのおもてなし」の輪を広げていく所存です。

編集者コメント

デナジー株式会社のサイトキャプチャー
今まで注目することのなかった地熱発電がとても重要だと気付きました。
調査や計画など、専門的で知識が少ない分野なので、このような企業の存在はとても頼もしいと思います。
再生可能エネルギーが地方都市の経済に関わることも重要だと気付きました。

社会貢献に関する今月の注目キーワード

■低炭素社会(テイタンソシャカイ)

低炭素社会とは、炭素、すなわちCO2の排出が少ない社会のことで、排出量と吸収量が同じ状態を目指しています。

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ