インタビュー  

スターフリートリサイクル株式会社 代表取締役社長 中田 将来

代表取締役社長 中田 将来:スターフリートリサイクル株式会社

「“エコ”דIT”に、新しい可能性がある。」

スターフリートリサイクル株式会社
代表取締役社長 中田 将来

取材/清宮恵子
写真/川上ふみ子

スターフリートリサイクル株式会社 すたーふりーとりさいくる  URL:http://www.starfleet.co.jp/
特色 ECO×ITを事業ドメインとして、パソコン・デジタル家電・周辺機器の買取専門ポータルサイト「Factory.co.jp」をはじめ様々な、インターネットリサイクル事業を展開
本社所在地 東京都品川区東品川2-2-25 サンウッド品川天王洲タワー
電話 0120-063-191
設立年月 2003年7月
資本金 1,000万円
代表者 中田 将来

21歳で2度目の起業
リサイクル×ITで新規開拓を狙う

―起業の経緯を教えてください


幼い頃からなぜか起業家に憧れていて、将来は社長になるんだと勝手に決めていました。17歳で高校を中退し、初めての起業。HP制作を主軸に事業を始めたのですが、経営の基本や会計がまったく分からず、すぐに挫折。やはりまずは勉強が大切だと痛感し、大検をとって大学で経営学を学びました。2002年、21歳の時に現在の会社の前身にあたる合資会社エンタープライズを設立。その頃からリサイクル事業を始めています。

―なぜリサイクル事業だったのですか?


以前から環境問題に興味があり、NPOが主催するリサイクルを手伝ったこともありました。その時感じたのが、リサイクル事業の効率の悪さ。POSシステムすらないリサイクル屋さんが多いんです。もっとITのツールを使えばビジネスの可能性が広がるのでは、と思いインターネット上のリサイクル事業に乗り出しました。店舗を持たない分、買取価格を高く設定でき、商品の回転も1~2週間と早い。顧客にとってもいちいち店舗に行かなくて良いわけですから、利便性が高いんです。個人間の売買によるトラブルの心配もないですし、今後もネットリサイクルは需要が増えるのではと見込んでいます。

不況に強いリサイクル事業
新卒採用に1,200名以上の学生が殺到

―起業して一番大変だったことは何ですか?


はじめはモノ自体が集まらなくて、苦労しました。知り合いから要らない商品を回してもらったり、落ちているゴミで売れそうなものはないか、その辺を歩いてみたり(笑)。地道にやり続けましたね。人の採用にもすごく苦労した。リサイクルというと、あまりきれいなイメージがないようで、最初の頃はなかなか人が集まりませんでした。

―創業してから現在まで、周囲の環境意識に変化はありましたか?


一番変化を感じるのは採用活動ですね。現在2010年度の新卒採用活動をしているのですが、すでに1,200名以上の応募が来ている。この業界で、さらにベンチャーの会社ですから、これはすごいことなんです。数年前は"エコ"というキーワードに魅かれる学生なんてあまりいなかったと思うのですが、今は違う。応募者の中には、高学歴の方も多いんですよね。さらに当社の場合"IT"というキーワードもある。"エコ"×"IT"という組み合わせに、新しい可能性を見出す学生が多いようです。 それから、ここ1~2年の経済危機。リサイクル事業は不況に強いと言われていますが、当社も例外ではなく、3月は昨年同月比で250%の売り上げを達成しています。倒産した会社からOA機器を買い取る、なんてことも最近はよくありますね。

顧客に環境問題を訴えても仕方ない
得をさせた結果、環境へ貢献する仕組みを

―顧客も環境を意識しているのですか?


お客様はそれほど意識していないでしょうね。何も意識せずに、環境問題へ貢献できるのが一番良い方法なのではないでしょうか。一般に中古品の売買をするお店はリサイクル屋さんと呼ばれますが、正しくは"リユース"屋さん。材料や燃料にして再利用する"リサイクル"より、環境負荷が少ないんです。だからと言ってそれを強く訴えるのではなく、お客様には単純に得をさせる。その結果として、環境問題へも貢献できればと考えています。

―最後に、環境ビジネスを考えている方へメッセージをお願いします


環境ビジネスに限らず、何事もやってみないと始まらないので、まずは行動してみることが大切なのではと思っています。自分が興味を持てること、夢中になれることをやる。ありきたりですが、それに尽きると思います。

―ありがとうございました


編集後記:


まだ20代という中田さん。学生の頃から起業しているせいか、非常に落ち着いた印象を受けました。ビジネスの右も左も分からないところから、現在まで続けてこられている理由については、「当たり前のことを当たり前にやっているだけ」。若い大胆さやスピード、実行力を持ちながらも、地道に努力を続けた結果が今に繋がっているのだと感じさせられました。"エコ"×"IT"にはまだまだ色々な可能性があると語ってくれた中田さん。今後どんなビジネスを展開していくのか、注目したいと思います。

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ